FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『満員電車』 5.暴れだした悪魔

香穂留のおなかの下のほうを握りこぶしで思い切り強く押されるような痛みが襲ってきて、おなかの中がぐるぐると動くような感覚と同時におなかの中のうんちがお尻の穴のほうに向かって押し寄せてきました。
おなかが痛いだけではなく、お尻の穴にすごく強い圧迫感と強烈な便意を感じ、香穂留はお尻の穴に思い切り力を込めて漏らしてしまうのを必死で堪えました。
いっしょうけんめいにこらえても、お尻の穴からはじわじわと浣腸液が漏れだしてしまうくらい強烈な便意に襲われて、満員電車のなかで立ったまま下を向いて必死で堪えている香穂留の目からは涙が零れてきてしまいました。
その強烈な便意に必死で堪えていると、今度はお尻の穴の奥のほうを強烈な痛みに襲われると同時に、それまでお尻の穴に押し寄せて来ていたうんちの圧迫感が少しだけ弱くなっていきました。
でも、お尻の穴の奥の強烈な痛みで、香穂留は悲鳴をあげてしまいそうでした。
その痛みがおさまっても、またすぐにおなかの下のほうがぐるぐると激しく動き初めてうんちがお尻の穴のほうに押し寄せてきて、強烈な便意に襲われます。
香穂留のおなかのなかでたくさんのうんちが上がったり下がったりして、そのたびに強烈な便意と腹痛が香穂留に襲いかかってきました。
今すぐにでも漏れてしまいそうなのに、何度も何度も押し寄せてきて、香穂留はいっそのこと諦めてしまって満員電車のなかでうんちを漏らしてしまったくらい、堪え難い苦痛でした。

もうすぐ新宿駅だという車内放送が聞こえてきました。
香穂留は早く電車を降りて新宿駅のトイレに行きたくてたまりませんでした。
今すぐに降りたとしても、トイレにいくまで間に合わないかもしれないくらいに辛い状況でした。
そして、電車が新宿駅のすぐ近くまでになると、減速したり線路が少し曲がっていたりして、電車が前後左右に揺れ始めました。
(あっ!いやっ!)
香穂留は小さな声をだしてしまいました。
電車が揺れて周囲から押されて、香穂留はまたお尻の穴から少しだけうんちを漏らしてしまいました。
さっき漏らしてしまったときはほとんど液体だけのような感触でしたけど、今度はほんのすこしだけ軟らかいうんちが混ざったような感触でした。
漏らしてしまったうんちはお尻の左右に挟まれるようにして、左右のお尻で潰されて、すごく気持ち悪い感触でした。
さらに電車が揺れると、香穂留はさらに少しずつうんちを漏らしてしまいました。
こんな満員電車のなかでうんちを漏らしてしまうなんて、ショックで悲しくてしかたがありませんでした。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secre

プロフィール

香穂留

Author:香穂留
お漏らしとか・・・恥ずかしいこととか・・・辛いこととか・・・大好きで。
独りで恥ずかしいことしちゃってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。